--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.10

オンドルの季節

今住んでいるホンデのワンルームは比較的暖かいので
12月に入ってもオンドルつけなくても大丈夫だったんですか
さすがに最近寒くてオンドルを使いはじめました

オンドルに関しては、ガス代が一気に上がるので
どうやったら節約できるか・・・

一年目にオンドルを使った時、使わない時とのガス代の差にびっくりし!!
翌年は友だちに聞いたり、情報を収集して駆使した結果
前年より安くなりました。

そして今年・・・またいい情報を入手!
オンドルはつける時に一番費用がかかるということは知っていたので
あまりつけたり消したりしないようにしていたのですが
寝るときと外出するとは消していました。

しかし!!
これ、消さない方がいいみたいなんです。

オンドルの調節機に「外出」と「就寝」というボタンがあるんです。
これ、今まで使ったことなかったんですよね~

でも、出かけるときは「外出」ボタンを押し、寝るときは「就寝」ボタンを押すといい。
と聞いたんです。
出掛かるとき、部屋に誰もいないのにボイラーを付けっぱなしにしていくことに
ちょっと抵抗がありましたが、その方法がいいと聞けばやってみたほうがいいですよね。

ただ今、実践中です!!

今年のガス代はどうなるか・・・
ちょっと楽しみですね



スポンサーサイト
2010.11.14

引っ越し決めました!

先日悩んでいた引っ越し・・・(前回の記事は こちら

決めました!!引っ越します!

前回、不動産屋さんに紹介してもらった家に決めました。
今の家から5分くらいなので近いですね。

引っ越しは12月後半。
本当はもっと早く、寒さ厳しくなる前に引っ越したかったのですが
今住んでいる方が12月中旬に引っ越すということで・・・しょうがない

今よりは静かになって過ごしやすくなりそうです

昨日、新しい家の契約をしてきました。
ちょっと疲れますね。
けど、まだまだこれからが大変!!
引っ越し屋の手配もしないといけないし、引っ越しの荷造りもしないといけないし、
引っ越したら後片づけや、住所変更の手続きやら。
まだまだ大変です

あまり考えすぎても疲れるので「ま~、なんとかなるかな?!」と・・・
いい環境で楽しく過ごすために、多少の困難もしょうがない。
頑張るしかないですね!!

まだ引っ越しまで1か月ほどありますから、
部屋のレイアウトやインテリアの配置など考えて楽しもうと思ってます



2010.10.24

また悩む・・・

5月から続いていたわが家の建物工事。
数日前に完了したようで、下にはお店がopenしました。

5階建ての建物の1、2階部分を全て壊して数店舗のお店が入りました。
cafe2店、洋服やさんが2店
わが家の下はcafeで2階建ての作りになっています。

昨日から本格的にopenしたようで、思ってたよりうるさい!!
音楽は低音で響くし、歩く音、階段を上る音、椅子を引きずる音。
すごく響くんです

これからずっとこの状態はキツイ!!
何とかしなければ・・・

そう思って昨日不動産屋さんへ相談に行ってきました。
ちょうど11月中旬に契約が切れて、再契約をしようと思っていたのですが
いいところがあれば引っ越しも考えた方がいいかなぁ~と思って。

不動産屋さんへ行ったらすぐにわたしの心を察知してくれて
ちょうどいい物件があるとのことで、見に行ってきました。

お店が多い道を一本入ったところで、静かだし、建物もしっかりしていて
エレベータ付き。
ベランダがすごく広くて、キッチンもあり、シャワーブースもある。
部屋の大きさも今とあまりかわらないし、オートロックでかなりいい物件。
不動産屋さんもオススメとのことで、わたしに声をかけてくれました。
家賃も今と同じだし。

ただ問題がないわけでもない!
今の家は、洗濯機と冷蔵庫はオプションだけど、
紹介してもらった家はオプションについてない。
買わないといけないことになる。

それでも紹介してもらった家は結構いい
わたしは生活する中で、家の比重がとても大きく、リラックスできる場でないとイヤ。
ゆっくり落ち着ける家が条件!
少し高くても、自分の気に入ってて、安らげる家に住みたいと思ってるんです。

なので、急な引っ越し代や、家電製品購入で出費が多いと思うけど
それでも引っ越ししようかと考えてます。
引っ越しを考えていた時に、いい物件がちょうどあったことはラッキー
引っ越したくても、気に入った物件がないこともあるんですから。
マイナスに考えないで、ラッキーだった!と思わなくちゃ

不動産屋さんもすごく理解してくれていて、
契約更新までに答えを出してくれればいいとのことでした。

引っ越しってそれだけでなく、契約している携帯電話やケーブルTVの住所変更なども
面倒臭いんですよね~

下に店ができなければこのままここに住み続けてたのに・・・

数日中には決めないといけないですね。
また引っ越しか・・・?!



2010.02.03

ソウルでのひとり暮らし

わたしはソウルでひとり暮らしをしていますが
韓国の人は日本人よりひとり暮らしをしている人が少ないですね。
特にソウルに住む人は・・・

ここ最近は特にソウルの家賃が高くなってるんです。
わたしはホンデに住んでますが、
みんなに家賃を言うと「高い!!!」とビックリされます。
ホンデを東京のとある場所と置き換えて考えたらそれほど高くないと思いますが
でも日本と韓国の賃金を考えると高いかもしれないですね。

それに家賃の高い場所は物価も高い。
それは日本でも同じでしょ?!

韓国の人は基本結婚するまで実家暮らしをする人が多いんです。
もちろん会社が遠いいなどの理由で実家を出ている人や
地方出身者でソウルで働いている人は独立していますけど。

日本人のように自立しようという考えがあまりないというか・・・
家族と一緒に暮らすことを大切に思っているというか・・・

そして実家を出ている人は、兄弟や仲良しの友だちとシェアして暮らしている人が
多いんですよ。
わたしは時々寂しい時もあるけど、ひとりの方が自由で気兼ねしなくていい。
なんて思うんですけど・・・
(多分一般的な日本人の考えですよね)
でも、韓国の人はひとりは寂しいと思うんです。
よく言われますよ~
「ひとりで暮らしてて寂しくないの?」って

それにシェアしたほうが家賃や光熱費、食費なども安くすみますからね。
なのでソウルに住んでいる人はシェアしている人が多いんです。

ちなみに・・・
わたし、ホンデにひとりで住んでても決して金持ちじゃーないですよ!!
いろいろ工夫して生活してます。
日本にいたときより、節約するようになりました

2009.06.12

韓国の光熱費

韓国で生活を始める時、気になるのが光熱費だと思います。
ハスクなどは光熱費を別途払うことはないと思いますが
ワンルームなどは光熱費が別のところが多いですね。

わたしも最初「ひと月どのくらいかかるんだろう?!」とすごく気になりました。
そこでわたしのひと月の光熱費をご紹介します。

まず、わたしが毎日どのように生活しているかですよね ハート
わたしは基本自炊です。
外食は友だちと一緒に行くくらいで、普通夜は自分で作って食べていますごはん♪
・・・と、言ってもたいしたモノは作ってないんですが 汗とか

そして、わたしの部屋はキッチンに小さな窓と、ベランダ付きの大きな窓があります。
ベランダと言っても日本のベランダとはちょっと違い、外が丸見えではなく、窓があるだけ。
隣に家が隣接しているので、日中も暗く電気をつけています。

こんなところでしょうか・・・
では光熱費のご紹介に入ります。

夏と冬では代金が一番違ってくるのはガス代です。
通常使うのは、ご飯を作るときのガスとシャワーを浴びるときにガスを使います。
その他に冬はオンドルをつけるのに大量のガスを使うんです。

オンドルは部屋の床下に温水のパイプが通っておりそれをガスで温め
部屋を暖かくします。
そのため冬場のガス代は非常にかかります。

わたしは韓国に来た初めての冬、一番ピークが2月でガス代70,000ウォンでした。
これでも昼間は家にいないのでオンドルは使用していなく、夜と週末だけ。
一度暖かくなるとしばらくは持続しますので、
つけっぱなしにしていても長くて3~4時間ほどですが、かなりの金額になります。
聞くところによるとこの金額はそれほど高い金額ではないとのこと。

それでも何とかもう少し抑えられないかと2回目の冬はいろいろ調べてました。
結果、オンドルはつけた時、一番代金がかかると聞き付けたり消したしするのは
返ってガス代がかかると書いてあったんです。
そこでその年は付けたら低めの温度に設定し、完全に消すまでつけっぱなしに
していました。
そうしたらこの年は一番高くてもガス代50,000ウォンくらいで収まりました。
やっぱりつけたり消したりするのは返ってガス代がかかってしまうようです手書き風シリーズ顔1

オンドルを使わない時のガス代は15,000ウォンくらいで収まります。

dining-i-01.gif fo-h3-17.gif




電気代ですが・・・
わたしは家にいると必ずTVか音楽をつけています。
PCをしていてもどちらかは付いた状態です。
しかも先程も書いたように、日中でも電気はつけていないと薄暗いので電気はつけっぱなし。
平日は家にいないですが、夜遅くまで起きていますし、
ときどきTVつけっぱなしで寝てしまうこともあります・・・無言、汗
それでもひと月10,000ウォン前後です。
ただ夏クーラーをつけるとこれが一気に上がりますね。
去年それほどクーラーを使用しなかったので驚くほどの請求は来ませんでしたが・・・

interior-a1-01.gif interior-a1-04.gif




水道代は毎日のシャワー、炊事洗濯などで使います。
2か月に1度の請求で10,000ウォン前後です。
これは一年中それほど差がありません。

bath-b-02.gif


日本に比べたら安いのではないでしょうか?!
ご参考になれば幸いですBrilliant




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2009.03.18

韓国のハスクとコシウォン

韓国留学をする場合ハスクを選ぶ方が多いのではないでしょうか?
韓国にはハスクやコシウォンがすごく多く町を歩いているとよく看板を目にします。
ハスクやコシウォンは学校の近くに建っていることが多く交通にも便利ですね。
同じ日本人や他の国の学生と接する機会も多く楽しく生活するならハスクがいいでしょうキラキラ



ハスク
ハスクは日本の下宿ののようなところで朝と夜はアジュンマが作ったご飯があり
食堂で食べます。
ほとんどの食事は美味しいようですが、そこはアジュンマの腕次第と言ったところでしょう。
食事時間が決まっているのでその時間に行き
同じハスクに住む人と一緒に食事をします。
日本人や他の国の学生と食事をしながら話しができるので友だち作りには最適です。

部屋はひとり部屋ですがトイレ、シャワーは共同です。
ほとんどのハスクにはエレベーターはありません。
中にはキレイで新しいハスクにはエレベーターが付いていることもあるようです。

家賃は朝夕食が付いて約ひと月50万ウォン~60万ウォンくらいのようです。
もちろんもっと安いハスクもあれば、もう少し高いハスクもあります。
値段の違いは立地条件や建物の綺麗さなどで変わってきます。
たいていのハスクは駅や学校から近いのですが、時には駅から遠いハスクもあり
新村当たりですと坂が多いため上り下りも大変で夜も暗く
「ツライ汗とか」という声を聞いたこともあります。
場所は大切ですよね。



コシウォン
コシウォンはご飯はありますが、おかずなどの食事はついていません。
部屋の中には机やベットが置いてあり、元々は受験生などが受験勉強のために利用する
勉強部屋です。
ソウルでは延世大学(ヨンセ)や梨花大学(イファ)がある新村(シンチョン)や梨大(イデ)
弘大(ホンデ)にハスクやコシウォンが多くあります。
女性専用のコシウォンもあります。
ビルのような建物に小さい窓、コシウォンと書かれた看板をよく目にします。

繁華街に近いハスクやコシウォンの場合、夜中までうるさいことは結構普通です。
しかし駅からも近く人通りも多いので夜遅い帰りでもそれほど危険ではないですね。
繁華街から離れると静かですが、夜は人通りも少ないので少し怖いかもしれません。
韓国は坂も多くちょっとした高台に建物がある場合もあるので夜は
気をつけないといけません。


dining-g-05.gif  dining-g-06.gif  dining-g-07.gif



2009.03.17

韓国のワンルーム

次にご紹介するのはワンルームのお部屋ですBrilliant.

ワンルーム
ワンルームは5階建くらいのアパートが多いです。
広さは家賃によっていろいろあり、ワンルームでもフルオプションの建物もあります。
韓国の通常のワンルームには浴槽が付いている物件は少なくほとんどはシャワーだけです。
トイレとシャワーが一緒になっている部屋がほとんどで
洗面台のすぐ横にシャワーが付いていることもあります。
初めて見た時はびっくりしましたが、これが韓国では普通のスタイルのようです。
中にはシャワーブースが付いていることもあり少し広いトイレシャワールームになっています。
トイレ掃除をするときはシャワーの水を使って掃除ができるのが便利ですね。


DSC02650_convert_20090315172505.jpg hidari トイレ、シャワーが一緒


09_1_convert_20090315183923.jpg hidari トイレの横にシャワーブースがついている
         (トイレは洗面台の横)



小さなベランダがついている部屋もあります。
ベランダには洗濯機や洗濯物が干せたり、荷物を置けたり。
二重サッシになっているので部屋は暖かいですが、
冬のベランダは寒くちょっとした貯蔵庫としても便利に活用できます。
ベランダは何かと重宝ですが、ついていない部屋もあります。

そして寒い韓国の冬を過ごしやすくしてくれるものが「オンドル」です。
これは床暖房でどこの住宅にもついています。
床全体に温水のパイプが張り巡らされておりそれをガスで温めると部屋中が
とても暖かくなります。
2~3時間付けておくと部屋の中が暖かくなりその後オンドルを消してもしばらくは
ぽかぽかしています。
床も暖かく部屋全体も暖かくなるので寒い韓国にはなくてはならないものです。
ただ部屋が乾燥するので乾燥機は必需品ですね。


nitiyou-c1-15.gif  nitiyou-c1-08.gif  nitiyou-c1-12.gif



2009.03.16

韓国のオフィステル

韓国留学の準備には学校選びともうひとつ大切なのが部屋選びですね。
住む部屋が快適か、そうでないかで韓国での生活も違ってきます。
住む場所やどのような部屋があるのか・・・気になりますよね。
韓国留学に欠かせない部屋選び!
どのような部屋があるのかご紹介しましょうBrilliant




韓国の住宅は一般的に家族で住む場合一軒家、アパート、ビラなどがあります。
日本でいうマンションが韓国ではアパートになります。
韓国は地震がないので高層アパートが多く建っている地区もあります。
日本と同じように韓国でも高層アパートは家賃が高く駅から近い場所に建って
いるのをよく見かけます。
ビラは建物があまり高くなく3階くらいの高さです。

留学生がひとりで住む場合はワンルーム、オフィステル、ハスクなどがあります。

オフィステル
オフィステルは元々オフィスとして使うために作られたものですが住居も可能です。
広さもいろいろありワンルームから3LDKのような広い部屋もあります。
普通、留学生が借りる場合は家賃などからワンルームが多いですね。
ワンルームのオフィステルは部屋にベッドを置いたら他にスペースがないほど
狭い部屋もあります。

フルオプションの部屋が多く、ベッド、TV、冷蔵庫、洗濯機などは完備されています。
ただトイレとシャワーは一緒でもちろん浴槽はなく狭いです。
キッチンと呼べるようなものはなく小さいガスコンロと水道の下にドラム洗濯機が
ついている部屋がほどんどです。
自炊をしたいならキッチンが小さくてちょっと不便かも・・・

DSC02656_convert_20090315172550.jpg


もう少し大きなオフィステルになると机などが置ける広さの部屋もあります。
最近できた新しいオフィステルの場合TVはコンピューターのモニターとしても使用ができる
薄型モニターが設置されています。
1台でTVもコンピューターにも使用が可能です。

そしてオフィステルは外国人登録証を作る際、住所登録ができないことが多いです。
オフィステルは通常オフィスとして使う目的が大きく、
住居としての登録は認められないことがあるようです。
物件によって違いますので不動産屋さんに相談されたほうがよいと思います。
駅から近いオフィステルも多く便利がいいことも利点ですね。
オフィステルはセキュリティーもしっかりしていますので安心ですが
管理費が高めの設定になっています。


interior-a1-02.gif  interior-a1-04.gif




2009.03.15

韓国の家賃「チョンセとウォルセ」

韓国留学を考えてる方は部屋探しも大変です。
日本と韓国とでは家賃の払い方にも違いがあります。
チョンセウォルセ
聞いたことがある方も多いでしょう。
どのような支払方なのかご紹介しますrainbow



チョンセ
家賃を一括で支払います。
その金額もいろいろですが日本円で数千万円というところでしょうか?
そのお金は大家さんに支払い、部屋を出る時全額戻ってきます。
全額戻ってくるのに大家さんはどこで収入を得るのか?
すごく気になって不動産屋をやっている人に聞いてみると・・・

まずはチョンセのお金を銀行に預けその利子で収入を得る。
でもこれだけではなく、チョンセのお金で他の物件を借りる。
その借りた物件をウォルセで貸し、毎月家賃収入を得る。
・・・ということのようです。

時には次の住人が決まらないと引っ越すからと言って
すぐお金を返してもらえない場合もあるようです。
これに関しては韓国内でも問題になっているようです。



ウォルセ
保証金が必要で500万ウォンくらいから設定ができますが
通常は1000万ウォンくらいです。
保証金を多く払うと毎月の家賃を安くしてもらうこともできます。
ここは交渉次第ですね。
この保証金も引越しをする時に全額戻ってきます。
他に管理費を別途支払います。
韓国では引越しをするとき以前使用していた人が
ある程度は掃除をしていきますが、ざっとする程度です。
あまりにも汚い時は次に入居する人がお金を払い掃除をしてもらいます。
もちろん必要ない場合はお願いをしなくても大丈夫。
費用は5万ウォン前後です。
不動屋さんへ交渉すると無料でやってくれることもあります。
あまりに汚い時などは交渉してみた方がいいでしょう。
ちなみに・・・わたしも交渉して無料で掃除してくれました。

掃除と言ってもホントに掃除だけ。
壁紙を張り替えたりなどはしないんですよ。
トイレやシャワールーム、キッチンを掃除してくれたり。
だいたいはアジュンマが掃除をしてくれます。

友だち曰く・・・
ワンルームなどは自分の家ではなく借りている部屋で、また引っ越しするから
あまりキレイに使わないんだよね~とのこと。
わたしも実際何十件と物件を見ましたが
「キレイに使ってるな~」という部屋は数件だけ。
ホントに汚くてびっくりする部屋もたくさんありました。
なのであまりにひどく汚れているときは、掃除をしてもらうように
お願いしてみた方がいいかもしれませんね。

最近はソウルの家賃が上がってきていると聞きました。
もちろん駅から遠い部屋などは安いところが多いですが不便が多いと思います。

家を借りる時も日本と韓国では全く制度が違うので戸惑いが多いと思います。
しっかり調べて準備をし、いろいろ相談してみるとよいと思いますよ。


house-a-05.gif
tra-d2-08.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。