--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2009.10.05

中国大連の旅

先日、中国大連(ダイレン)に行ってきました。
旅行というほどのものではないのですが・・・

ソウルから大連までは飛行機で1時間くらい。
すごく近いんです。

数年前、上海に行ったことがあるんですが、その時の中国文化はすっかり忘れてしまい
こんなに近い国でも韓国ともまた日本とも全く違う文化があるんだな~と
再確認した旅でした・・・

中国語が全くできないわたし롨룕궖븮긘깏?긛괨괧딁7
それでも大連の地図を交通会話をプリントした紙を片手に大連駅周辺の賑やかな街を
散策してみることにしました。


歩いているとちょっと古びた路面電車が通っていて

DSC00345.jpg

「これ、乗りたい!」
そう思い、おおよその行き先を確認し乗り込んでみました!
電車賃は1元(約13円)
安いですよね~

地図と多少わかる漢字とあとはカンだけで大連駅到着!

DSC00347.jpg

何とか目的地までたどり着けた롨룕궖븮긘깏?긛딁1

ここは交通がなんともすごい!!
車が通るための信号はあっても、人が渡るための信号がない。
人は勝手に道路を横断してるんです。
車が走ってても、横断し始めて車をかき分けて横断します。
いや~、すごいですよ・・・
「怖くて渡れない」
なんて言ってると一生渡れません뤟
車のクラクションも大きいし、ホント騒がしいんですよ~


大連駅近くで食事をすることにしました。
近くに屋台など並んでいて賑わっていて、たくさんの食堂が並んでいました。

DSC00348.jpg

どこに入ったらいいか・・・
取りあえず人が多いところがおいしいのかな??と。
1件の食堂に入ってみました。

DSC00350.jpg

店内は家族や友だち同士で食事をしていて、ひとりなのはわたしだけ。
しかも、どう見ても中国人に見えないわたし(多分見えないと思う)なので
みんなからの視線を浴びてしまいました듋궴궔

メニューが置かれ「面」という文字はわかったので
「これが麺類か~?!」と思い、その中から
「これ!」と指をさすと
店員さんは「ジャージャン麺」と奥の厨房にオーダー
「・・・あ~、これジャージャー麺だったのね」とここで気づき
そのままジャージャー麺がくるのを待っていました。

テーブルに運ばれたジャージャー麺はこちら겓G

DSC00349.jpg

ジャージャー麺ってラーメンの麺じゃーなかった?
これ麺がうどんでした。
辛くもないし・・・
日本で食べるジャージャー麺とも違うし、韓国のジャジャン麺とも違う、
初めて食べた味でした。
味は・・・
すっごく美味しいわけでもなく、まずいわけでもなく、
可もなく不可もないといった感じですね。
価格は6元(約80円)

この後、いろいろな屋台をぶらぶら散策したり、コンビニに入ってみたり・・・
ゆっくりとした時間を過ごしたあと空港へ ?긞긘깄

だいたい市内から空港までタクシーで昼間は30元(約400円)、
夜は40元(約530円)です。
(タクシー初乗り8元)
タクシーでも安く空港まで行くことができますが、ここはあえてバスで行こうと・・・
空港行きのバス番号(710番)を聞いていたので、バス乗り場を探していると
警察の人がいたので地図とジェスチャーで「バス乗り場を教えて欲しい」とアピール
その警察官もジェスチャーでバス乗り場を教えてくれました뤟

大連駅周辺はバスが多く、バス乗り場もいたるところにあるので聞いてよかった!
しばらく歩くとバス乗り場発見!!
ここでバスを待つことに・・・

すると数分後にバスが到着。
いざ、乗り込もうとしたら・・・
すっごい人・人・人の数!!!!!!
中国も韓国同様、バスを乗るのに列を作って待つことはしなく
バスがきたらみんな駆け出し、そのバスに乗り込むといった感じ。
さすがこれには慣れているので対応できるんですが、乗り込む人の多さが半端じゃなく
乗り込んだドアがギリギリ閉まる状態。
このバスに乗ったら押しつぶされる・・・궠궴궴-듋と思い
まだ時間もあったので次のバスを待つことにしました。

すぐに次のバスが来て、乗り込もうとするとまたすごい人。
さっきほどではないにしても、ぐずぐずしていると置いてかれそうになるので
ここはさっさと乗り、降りる場所がわからないわたしは運転手さんの近くをキープ!
柱に捕まってバスは出発しました。

大連駅からバスで約30~40分と聞いていたのでそれが頼り。
あとは空港だからきっと見えるだろう・・・と、車窓を見ながら確認していました。

座っている人が降りていき、わたしも座ることができたので
しばしバスの旅を堪能しながら、車内を見ているとちょっと驚いたことがあったんです。

わたしの近くにカップルが2組いたんですけど、一席あくと普通なら女性が座りますよね。
けどわたしが乗ったバスでは2組とも男性が座るんです。
しかも譲り合うわけでもなく、男性が座るのが当たり前のごとく・・・
ちょっとビックリしました。
韓国なら真っ先に女性が座ります。
特に若いカップルなら女性が座るのが当たり前という感じで
「座ってもいい」なんていう言葉もなく、女性が座るんです。
日本でも男性が女性に譲りますよね・・・
でもわたしが乗ったバスでは男性が座り、女性が立ってるんです。

そしてご老人がバスに乗ってきても若い人は誰も席を譲らないんですよ。
これにもビックリしました。
わたしの周りには若い人ばかりだったのでどうするのかな?と思っていたら
誰一人として譲る気配がない・・・
なのでわたしが「どうぞ」と席を立ったら
そのおばあさんは「大丈夫、後ろにいくから」と言って
わたしがどうぞ、と言っても座らず後ろのほうへ歩いていきました。
後ろは混んでいたので座れたのかわからないのですが・・・

ここで体験したことが大連全てだとは思いませんが、
「随分違うもんだな~」と、驚いてしまいました。

そうこうしているうちに、バスも30分くらい走ったのですが空港らしき建物が見えない。
でも「airport」の看板はあったんだけどなぁ~
ちょっと不安になってきて運転手さんに地図を見せて空港を指差すと
「次だよ」のジェスチャーをしてくれました。
聞いてよかった・・・긪?긣

バス停に着くと、運転手さんが「ココを降りて(右方向を指差し)あっちに進んで」と
教えてくれて無事空港に到着したことを確認。
お・・・よかった、何とか空港までたどり着いた。
言われた方向に歩いていくと、空港が見れてきました。

DSC00354.jpg

ソウルから大連に着いたときは夜だったため、空港周辺が全くわからなかったのですが
住宅が多くてびっくり!
空港近くにこんなに住宅が立ち並んでいるなんて・・・

国際線と国内線が隣り合わせの小さな大連空港
中国語も全くしゃべれないのに、いろいろな人に助けてもらいながら
ソウルの帰路に向かいます。
ちょっと不安もありましたが、なかなか楽しい大連旅でしたrainbow



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Posted at 23:50 | 韓国以外の旅 | COM(2) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://smilekoreacafe.blog53.fc2.com/tb.php/147-6e86aaa8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
lassieさん、読んでいて面白いです。
中国大連への旅行記、とても面白く読ませていただきました。
中国っていうと、空が灰色というイメージだったのですが、真っ青な青空はきれいですね。
人間のための信号がないとか(笑っちゃいました。私だったら渡れないかも)、うどんのようなジャージャー麺とか、バスの中での体験談とか、とても面白いです。
文章が上手なので、私も行ったような気分になれました。



Posted by tomato at 2009.10.09 19:31 | 編集
tomatoさん
こんにちは!
そんなにお褒めいただくと恥ずかしいですe-446
文章も全然うまくなくいつも読みづらくてすみません・・・

大連の街は本当にすごい交通状況で、
びっくりしますよ~
道路の横断も普通なんです。
ところ構わず横断してます。
しないと信号がないので渡れないんですよね。
そして排気ガスもすごいんです。
写真は青空に写ってましたけど・・・^^

中国語がしゃべれなくちょっと不安もありましたが
いろいろな人に助けてもらって楽しい旅でした

Posted by lassie at 2009.10.11 01:02 | 編集

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。